フリーセルで移動できないときはどういう時?

フリーセルは新しい感覚のトランプゲームで、年々愛好者が増えています。

しかし、従来のトランプゲームとは少し感覚の違ったゲームなので、

初心者は戸惑うこともあるようです。

そのひとつが、フリーセルのルールにある「移動できない規則」です。

ここでは、フリーセルで移動できないときの対処について、考えてみることにします。

 

 

フリーセルとはどんなゲーム?

 

フリーセルは簡単なゲームですが、

それでも基本的なルールがわかっていないと楽しく遊ぶことができません。

 

フリーセルはフリーセルというカード置き場を使って、

ホームセルと呼ばれる場所に1から13までのカードを積み上げていくゲームです。

 

フリーセルを簡単に説明するとこうなりますが、

ゲームを面白くするためのルールがいくつも定められています。

 

そのひとつが「移動できない規則」です。

 

 

フリーセルのルール上で移動できない規則1

 

フリーセルで、フリーセル(カード置き場)に移動できるカードは、

列の一番下にあるカードだけです。

 

さらに、フリーセルに移動できるカードは1からと決められています。

 

つまり、最初は1以外のカードは動かせないことになります。

 

また、トランプのカードはクローバー・ハート・スペード・ダイヤの

4種類ありますが、ホームセルで重ねるときは同じ種類のカードしか

重ねることができません。

 

 

フリーセルのルール上で移動できない規則2

 

フリーセルでは、一番下端にあるカードしか移動させることができません。

 

ただし、どのような数字でも移動できるので、

時によっては緊急避難場所のような使い方も可能となります。

 

しかし、このような使い方は上級者にならないとできないので、

初心者のうちはそういう使い方もできるということを、

頭の隅に置いておくだけでいいでしょう。

 

 

フリーセルのルール上で移動できない規則3

 

フリーセルは1~13までのカードを重ねるゲームですが、

ゲームを面白くするために他の列に移動連結できるというルールがあります。

 

たとえば、ハート3の一つ上に1があるから移動させたい場合、

フリーセルが埋まっていれば他の列の黒4に一時的に移動させることが可能です。

 

また、すでに空列があればそこにカードを移動できるので、

不要なカードは一時的に移動させることもできます。

 

 

フリーセルのルール上で移動できない規則4

 

フリーセルのルールでは、移動連結でつなげたカードは

まとめて移動させることができます。

 

たとえば、赤7→黒6と移動させてつながったカードは、

黒8にまとめて移動させられます。

 

ただし、これができるのはあくまでも連結したカードだけです。

 

たとえば、最初から赤7→黒6と並んでいるカードがあったとしても、

それは移動連結したカードではないので、このルールは摘要されません。